ホクロのガン

ホクロのガンと言われる「悪性黒色腫」はメラニン色素を含む細胞が悪性化して腫瘍になったもので、「メラノーマ」とも呼ばれています。メラノーマは非常に悪性度の高い腫瘍で進行が早いということでも知られています。

 

悪性黒色腫には4種類あります。「末端黒子型黒色腫」はおもに足の裏や手のひら、爪に発症し、特に足の裏に最も多く発生すると言われ、日本では最も多い型です。

 

「結節型黒色腫」は急に発生し、みるみる間に病変部分が盛り上がり、進行します。転移の可能性も高く、4種類の中で最も悪性度が高いガンです。全身のどこにでも発症するので、急に目立つホクロが出てきたら注意が必要です。

 

「表在拡大型黒色腫」は普通のホクロのように見えますが、徐々に表面が盛り上がっていくのが特徴です。進行するとホクロと肌の境目が曖昧になり、色素が染み出したようになります。

 

あらゆる年代で発症する可能性があり、進行は比較的ゆっくりですが治りにくいのが特徴です。小さい子どもなどでは、自分では気づきにくく周りの大人の注意が必要です。

 

「悪性黒子型黒色腫」は普通のホクロのように現れるので、しばらくはホクロだと認識しています。病気の進行が緩やかで、数年かけて成長するので、前からその部分にホクロがあったと錯覚してしまうこともあります。

 

顔や腕や肩など、日に当たりやすい部分に発生することが多いと言われています。

 

ホクロが病的なものであるかどうかを素人が判断するのは、非常に難しいものです。急に成長したり、色の変化があったりなど、気になるようなら皮膚科を受診し、総合的な判断を仰ぐのが良いでしょう。必要なら組織を病理的に検査することもあります。