ホクロをレーザー除去する

ホクロを除去する方法ではポピュラーになってきたレーザーですが、メラニン色素のみに反応する「Qスイッチレーザー」は、母斑細胞がもつメラニン色素を破壊することで、ホクロの色を薄くします。

 

Qスイッチレーザーには、ルビーレーザー、YAGレーザー、アレキサンドライトレーザーがありますが、この中でもルビーレーザーは、メラニンへの吸収が高いことで知られています。

 

これらのQスイッチレーザーは主に、平らなホクロの除去に使用されています。盛り上がりのあるホクロは炭酸ガスレーザーが効果があるとされています。

 

また、ホクロの状態によっては、Qスイッチレーザーと炭酸ガスレーザーを組み合わせて使用することで、傷跡を最小限にしたり、ホクロを早く取り除くことができるといわれています。

ロングパルスレーザー

YAGレーザーやアレキサンドライトレーザー、半導体レーザーなどの「ロングパルスレーザー」でのホクロ除去は、高いパワーでホクロの色を薄くしていき、徐々に取り除いていきます。

 

レーザーでの除去はキズが残らない可能性が極めて高いと言われ、もっとも大きなメリットとも言えます。

 

またレーザーは、色が濃いところに反応するので、色が濃ければ濃いほど痛みも強くなるというデメリットも出てしまいます。しかし、痛みは瞬間的なものであるため、表面麻酔なども不要な場合が多いようです。

 

レーザーを悪性のホクロに当てると、重大な病気を引き起こしてしまう可能性がありますので、事前のカウンセリングはしっかり行いましょう。