ホクロはどうしてできる?

ほとんどの人が体のどこかに何個かは持っているホクロ。いつの間にかできていて、こんなところにホクロがあったっけ?という経験があるのですが、どうしてホクロができるのでしょうか。

 

紫外線を浴びたり、ストレスからもホクロが生まれます。
ホクロは皮膚にメラニン色素を作る細胞が集まってできます。基本的には良性の腫瘍の一種と言われています。

 

しかし、途中から悪性に変化したり、ホクロに見えるけど実は悪性の腫瘍だったりするため、気になるホクロがある人は、医師による診断を受けるとよいでしょう。

 

中にはホクロに毛が生えていることがありますが、これはホクロが良性のものだという証拠です。悪性のホクロの場合、毛が生える細胞が死んでいるので毛は生えません。ホクロの毛を気にして抜くという人がいますが、ごく稀にですが、毛を抜くことでホクロを刺激して悪性のホクロに変化してしまうことがあります。ホクロの毛はそっとしておいたほうがいいようです。

「黒子」と書いて「ホクロ」と読みます。

ホクロは皮膚の一部にメラニン色素を含む細胞であるメラノサイトが、周囲より高い密度で集まってできた母斑の一種です。

 

メラノサイトが一層に並んでいるものをホクロといい、重層して盛り上がって見えるものを色素性母斑または、母斑細胞性母斑といいます。

 

いわゆるホクロは小さい点状のものを指します。ホクロによく似ていて間違えやすいのが、「黒あざ」ですが、黒あざはやや面積のあるものを指し、平らなものからやや隆起したものや、発毛を伴うものまでさまざまです。

 

ホクロはいつの間にかできていたりしますが、これに対し黒あざは生まれつきあることがおおく、中には悪性のものもあるので注意が必要です。